バーベキューを行う際の安全管理について

バーベキューを行う際の安全管理について

バーベキューは専用のコンロで食材を加熱する調理法を指し、主に屋外で行うため大人数で開放的な雰囲気を楽しめる利点があります。

キャンプや祭りなどの際に行われる機会が多い一方で、コンロや燃料の取扱いの不備で火災などの重大なトラブルに見舞われることがあるので安全を重視することが大切です。



バーベキューは炭や薪などを焼くことで食材を加熱することから、火の粉や煙が大量に発生しやすい傾向があります。そのため、調理の際は火の取扱いに細心の注意を払うように心がけます。



また、調理をすべて終えた後は必ず完全に消火することが火災を防ぐための心得になります。


炭や薪は表面の炎が消えても内部に熱が残っていると再び発火することがあるので慎重に扱うことが安全性を維持するための大きなポイントです。

バーベキューは屋外で行うことから食材も屋外に長時間置くことになります。

生の食材は外気に触れると傷みやすいので衛生管理に気を配ることが安全に食事を楽しむための条件です。


特に気温や湿度が上昇する夏季は食中毒の危険が生じるので、使用する食材も季節に合わせて慎重に選ぶことが大切です。
バーベキューは強い火力で食材を加熱するので短時間で調理できる一方、生ごみも発生しやすいので清掃を丁寧に行う事が社会的なマナーになります。

All Aboutに関連した書きかけ項目です。

野生動物が生息している地域では生態系への悪影響を防ぐことが大切なのでコンロや食材の取扱いには特に注意する必要があります。

Copyright (C) 2015 バーベキューを行う際の安全管理について All Rights Reserved.